オンラインカジノの合法性

日本ではオンラインギャンブルは法的にではないことですが、同時に政府はモニタリングすることが難しいですので、多くのオンラインカジノやスポーツブックは、日本の賭博業者に賭けサービスを提供しています。 The Japan Racing Associationはオンラインベッティングサービスを提供していますが、サービスに登録したメンバーにのみ提供しています。皆のためにオープンされたウェブサイトがないんです。

オンラインカジノの合法性

日本のギャンブルの歴史

日本には、ギャンブルを合法化した全世界国の一つ国です。この法律が1900年からも発効しました。 ギャンブルの誕生から市民がいくつかスポーツに賭けることができました。例えば、それはサイクリングと競馬でした。後でボートレースとバイクレースを追加しました。

日本では古くて法的なギャンブルがあります。それは宝くじです。宝くじの誕生とは、17世紀に始まりました。第二次世界大戦の時、停止されましたが、戦争の後で、宝くじによって集まったお金のおかげで核爆弾の後で国を復元することができました。
以下にギャンブルのミニ・カレンダーです。

  • 1842年―宝くじの法律化
  • 1861年―第一の競馬
  • 1907年―The Japan Racing Associationの誕生
  • 1980年―第一のボートレース
  • 2001年―Totoの法律化

新しいギャンブルの規制

最近オンラインギャンブルはより多くの人気となっているため、政府はギャンブルとの関係でその位置を再考することを余儀なくされました。ギャンブルの合法化の過程は、2013年に始まりました。2016年にギャンブルの合法化に関する法律が採択されましたが、結果としてギャンブルの2種類だけ合法化されました:Totoと宝くじです。

他のギャンブルは禁止されています(高い罰金や行政責任を負うこともあります)。このような処罰の方法はギャンブルファンを恐れさせると思われますが、興奮を刺激し、日本以外のオンラインギャンブルを探すよう動機づけているようです。

新しいギャンブルの規制

それに、現代の日本にはまだ、カジノを合法に運営する法律がはっきり定まっていません。日本の専門家の意見によると、合法的なギャンブルが外国への多額の投資流入を誘致することができ、それは間違いなく国の予算を補充されるようです。しかし、まだ禁止されているギャンブルがあります。

現在、日本では、以下のギャンブル活動が正式に認可されています。自転車やバイクレース、競馬、宝くじ、麻雀やパチンコです。欧米のバカラやブラックジャックなどのことなんですが、日本では禁止されているとになります。

ギャンブルに関する主な法律

現代の日本ではギャンブルが禁止されているため、以下の処罰方法があります。
第百八十五条 により:
*賭博をした者は、五十万円以下の罰金に処されます。
第百八十六条 により:
*常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処せられます。
第百八十六条2項により:
*賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処せられます。
第百八十七条により:
*富くじを発売した者は、2年以下の懲役又は150万円以下の罰金に処するとされます。 富くじ発売の取次ぎをした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処するとされています。また、富くじを授受した者は、20万円以下の罰金又は科料に処されます。

スマートライブカジノの利用者が逮捕

2016年3月にスマートライブカジノプレイヤーが逮捕されたというニュースがありました。自宅のパソコンから無店舗型のインターネットカジノで賭博をしたときに、利用者男性の3人が逮捕されました。警察によると、そのような犯罪者の逮捕の史上初のケースだったらっしいです。カジノサイトは拠点が英国とみられるが、日本人がディーラーとして働きました。

ドリームカジノの運営者が逮捕

2016年6月に、海外オンラインカジノとして運営されていたドリームカジノ(Dreamカジノ)の運営者が逮捕されたというニュースもありました。初めて外国のオンラインカジノの事業者が逮捕されました。どうして逮捕されたのでしょうか?外国人なのに、このオンラインカジノの本店は大阪にありましたから。従って、日本の法律に従わなければなりません。

ドリームカジノの運営者が逮捕

この点に気をつけよう

何が合法であるか何が違法であるかということを判断するのは非常に困難ですよね。しかし、自分を守るために以下の点に気を付けてみてください。

  • 100%カジノっぽいところを避ける
  • 個人データを提供しない
  • 他の日本のプレイヤーとチャットするときに、自分自身を識別しない
  • ブログなどでカジノについて何も書いたり発表したりしない

ギャンブルファンドの課税

残念ながら、ゲームファンドの税の問題がまだ開いています。税金が(勝った金額)の22%に達するということもあります。例えば、ある方はスポーツイベントに賭けてから勝利した場合は、あの方は税務署に報告する義務があります。しかし、オンラインギャンブルは課税されません。

なぜなのかなって聞きたいですね?すべてがとてもシンプルです。 ギャンブルを規制するための統一されたシステムがないためです。政府ははすべてをちゃんと見ることができないので、税金を徴収することもできません。したがって、人がサイトで勝ったもの(お金)をすべて保持することができます。

ギャンブルファンドの課税

結果

政府は真剣にカジノの合法化していますが、オンラインギャンブルは明確な管理システムがありません。オンラインギャンブルは政府によって承認されていませんが、それを規制する方法はありません。日本にはオンラインカジノは存在しませんが、海外に沢山存在しますし、日本からのプライヤーも大歓迎です。残念なことに、規制制度がないため、プライヤーが詐欺の行動から完全に安全になることはできず、騙されることもできます。